高級な美容ハサミメーカーのとっても高価なシザーランキングTOP10

高級な美容ハサミメーカーのとっても高価なシザーランキング

コーティングをしたりオプションをつけると価格が変わってしまうので今回はシザーメーカーのホームページに記載されているシザーの価格でのランキングを紹介したいと思います。

最初に断っておきますが、高価だから自分にとって良いシザーというわけではないですからね。

あと、2023年8月現在の価格というのと、独自調べなので「もっと高価なシザーあるよ!」と思う方もいるかもしれませんが、ご了承ください。

では、早速みていきましょう!

美容師さん憧れの高級シザーランキングトップ10

最初はいくつ同じメーカーがランキング入っても良いかな~と思って作成したのですが、なんと1位のあるメーカーのあるシリーズがトップ10を独占する結果となってしまいました。笑

なので今回はそのメーカーで1番高いシザーでのランキングとなっております。

あと、ランキングを作成して思ったのが、このシリーズは「コーティングなどのオプションが最初から全部ついてるだけなのでは?」と思ったものも正直あります。笑

そこらへんは気にせずに温かい目でランキング見てみてください!

10位 トギノン クランスピリット7.0(荒刈)

販売価格 162,000円(税込)

10位から15万円を超えてくるあたりさすがの高級ハサミランキングです!

パワーがあるシザーなので剛毛、多毛の方の刈り上げでもばっちりです。
優れた衝撃吸収を誇り、カット時に手へ与える衝撃を和らげる製造技術が使われています。

また、シザーの素材ではとても珍しいカーボン素材をパーツに使っていて従来にない特性を持っています。

9位 ロイヤルマスター MAXIMAS-MONSTER61

販売価格 165,000円(税込)

ロイヤルマスターのマキシマスシリーズは超密度炭素鋼という素材が使われています。

超密度炭素鋼という名前からしてすごそうですよね。

そのため耐久摩耗性に優れ、長きれし、しかも返り刃も出にくいという最高の特性を持っています。

超の付く切れ味は一度試してみる価値ありです!

8位 サイキシザーズ HSS6.0レインボーハーブーン

販売価格 181,500円(税込)

サイキシザーズのホームページを見ていただければわかりますが、色がレインボーです。

粉末ハイス鋼という耐摩耗性に優れた高価な素材を使用して、レーザー彫刻やカラーコーティングで仕上げています。

HSS6.0は切れ味が柔らかいのでチョップカットやブランドカットに最適です。

チョップカットしているときにレインボーのシザーがお客様に見えるのがかっこいいですね!

7位 島理研 Swing+ Series

販売価格 198,000円(税込)

島理研のシザーは人間工学に基づく緻密な設計で作られています。

Swing+シリーズは「DLCコーティング」が施されているため、、なんと表面硬度は約5倍!

耐摩耗性に非常に強い特性があります。

キューティクルを傷つけることなく、毛髪にやさしいカットが可能です。

6位 ミズタニシザーズ DAMA INTEGRAL D-02

販売価格 206,800円(税込)

パウダーダマスカスアロイという特許製法で作られています。
そのためとても鋭く、強靭なハサミと言えます。

見た目はダマスカス柄の両剣刃で力強くとても美しい!
筆者の大好きなシザーの一つです。

5位 光シザー RYU COSMOS

販売価格 224,400円(税込)

RYU COSMOSシリーズの「聖龍」。
もう名前がかっこいい。

個人的な感想にはなりますが、シザーの形がとても好き!
他のシザーでは見られないような形をしていて唯一無二のシザーと言えるでしょう。

切って良し、握って良しを実感できるシザーです。

4位 シザーズジャパン S 800R

販売価格 231,000円(税込)

800Rという直線的な刃線でブラントカットやベースカットにおすすめのシザーです。

鋼材はSG2という超高級刃物鋼が使われており、耐久性が高く長年使用することができます。

また、シザーズジャパン特有のLSBS加工という技術が使われており、これまでにない鋭い刃付けが可能になっています。

3位 ハヤシシザーズ HYS MAX67

販売価格 242,000円(税込)

超微粒子粉末鋼HYS(ハイス)という鋼材の中の「この硬度では加工出来ない」と言われた業界初のHRC67という最硬の素材で作られています。

耐摩耗性が非常に高く、「研ぎがいらない美容ハサミ」に一番近いシザーと言えるのではないでしょうか。

2位 ジョーウェル スプリームSPM『漆・唐塗』

販売価格 330,000円(税込)

ジョーウェルの漆塗りシザーズは岩手県の「漆とハサミ」のコラボレーションで生まれました。

津軽塗の一種の技法「唐塗(からぬり)」がシザーに施されていてとても個性的です。

カットをするための道具だけではなく、工芸品としても価値の高い作品です。

1位 ナルトシザー フライングZ木目 GP

販売価格 354,200円(税込)

高級シザーと言われて一番最初に思い浮かぶのがきっとナルトシザーですよね。
その中でもweb限定で販売している「エルドラドシリーズ」。

な、なんとこのシリーズすべて30万円越え!
本来のランキングならトップ10を総なめにするという結果でした。

なぜこんな高価なのかというと、純金の鍍金が施されているから。
鍍金と言われると難しいですが、純金でメッキ加工がしてあるということですね。

鍍金は見た目を良くして高級感を持たせるためだけでなく、抗菌・錆止めなどにも効果的です。

筆者もエルドラドシリーズは一度も見たことがないのでぜひ見てみたいところです!

まとめ

思っていたよりも高価なシザーが多くてびっくりですね!

高価なシザーが自分に合っているかどうかは使ってみないとわからないですが、高価なものは間違いなく素材、デザインなどにこだわりがあることは間違いないです。

流石に10万円以上は高いな~と思う方は中古を検討するのでも良いかもしれません。

この記事を書いた人

SisRma代表の写真

中古シザー買取専門店SisRma代表
萩原 隆介

中古シザー買取専門店SisRma代表
萩原 隆介

元々都内で美容師をしていたが、その後転職。WEBマーケティングを学び買取サイト、ECサイトの売上げを飛躍的に伸ばす経験を持つ。美容師時代に思いついた中古シザーの専門店というビジネスアイディアで社内起業。「群馬イノベーションアワード」で決勝進出するほどの評価を受け、上毛新聞、全国理容美容新聞などのメディアにも取り上げられる。その後、独立して中古シザー買取専門店SisRmaを創業。

他の人はこんな記事も読んでいます。

  • シザーの刃の種類を紹介

    シザーの刃の種類を紹介!理容・美容ハサミはこれだけ種類があります。

  • セルフカット用のハサミはプロ用を使うのがおすすめ

    セルフカット用のハサミはプロ用を使うのがおすすめ!失敗しないハサミの選び方を紹介

  • シザーの素材、特徴まとめ

    シザーの素材は何がおすすめ?シザーの素材、特徴まとめ

  • おすすめシザーメーカー8選

    美容師さん必見!おすすめシザー・美容はさみメーカー8選